虫歯の治療

歯に穴があいてしまったものは、その穴を埋める治療をします。

埋める材料は主に 白いセメント か 白い強化プラスチック(レジン)です。

むし歯は埋めるが理想!

ここで、お母さん・お父さんにお願いがあります!!

どうか、むし歯が小さいうちに歯医者さんに連れてきてください。

もしくは、定期的にチェックを受けてください。

むし歯が大きくなり、深くまで進み、神経が入っている管まで行ってしまいますと

治療が大変難しくなります。

特に子どもは!!

お子様も痛みを訴えますし、通院する期間も増え、お母さん・お父さんの送り迎えの労力も多大になってしまいます。

しかし、歯医者さんに慣れていない子はすぐには埋める治療はできません。

そんな時は……まず慣らし!練習!(明るく・楽しく遊びながら)

お口の中で実際に使う器具を使って遊びます。

色水にしたり、掃除機したり、水鉄砲したりと!………最近はマジックをしたり!?

でも、この慣らしの期間にむし歯に進まれては困るので

生活習慣の改善・ブラシの徹底・フッ素などにより、むし歯の進行を遅らせます。

少しできるようになってきたら、奥歯はむし歯進行止め(サホライド)を塗ることもあります。

でも、このお薬は慎重に!このお薬はまずいので、子どもが嫌になってしまうこともあります。

↓ ↓ ↓ むし歯進行止め ↓ ↓ ↓

むし歯進行止め

まとめると……

歯医者さんが苦手の子の治療の流れは

・ 慣らし、練習

・ フッ素、生活習慣の改善、ブラシの徹底でむし歯の進行を止め…

・ 時には、進行止めでむし歯を止めて…

・ 埋めれる治療ができるまで、根気よく待つ!!

 

子どもの治療には乗り越えなくてはならない3つの壁があります。

1つ:お口の中に器具が入れることができるか?

2つ:歯を削ることができるか?(ウィ~ンという音が出る、みなさまが大嫌いな器械です。)

3つ:麻酔ができるかどうか?

この3つが体を動かさずできれば、だいたいの治療はできます。