<らしさ>の喪失

こんにちは

米山です。

先日、良い講話を聴いてきました。

<らしさ>の喪失

このご時世、<らしさ>が無くなっているようです。

男らしさ

女らしさ

親らしさ

子らしさ

男・女・親・子には本来もっている不変の特性があります。

それが、なくなってきている

たとえば

親と子が友達のようにタメ口で会話をしている。

どうでしょう?最近よくある光景ですが

親子間で会話が弾むという良い面もありますが

なんか違和感を覚えるのは私だけかな~

親には親らしさ、 子には子らしさが必要じゃないかな!

それじゃ、親らしさって何と言われると言葉につまりますが

勉強しようと思います。

そして

男らしさとは何か

男は発動、+、陽に代表されるように、アクションを起こすことみたいです。

女性は、受け入れ、陰、-、みたいで優しさ、素直さがその根幹みたいです。

この辺はとっても面白いですよね。

でもこれビジネスでも応用できますよね。

らしさを提供するビジネス

布団屋さんらしさ

居酒屋らしさ

この部分(各ビジネスの根幹)はしっかり押さえておかなくてはいけないんですよね。

というわけで、おしまい

また、良い週末を!

前の記事

POP8