こどもに記録、記憶を残させる。

こんにちは

今日、午前中は突然雨がふったり、止んだりと

不安定でしたが、午後にはやっと落ち着いてきました。

さて、今日もいきましょうか

米山家の夏果さん最近、あることにはまっています。

ホッピングと徒競争

こどもを見ていて思うのは

目標設定の大切さ、と、目標を曖昧にしてはいけないこと。

最初の頃は、やってみな!で終わっていましたが

数を数えるようになり、本人がその数を自覚しはじめ

自分で目標設定をするようになりました。

すると、失敗しても何回も何回も挑戦、次第に上手になる。

何かを目指してやったころから、急激に上達をはじめました

競争も一定の距離をストップウォッチはかり

記録していきます。すると、こどもはそのタイムを越そうと

全力をかたむけてくるんです。

ただやらせるだけでなく、達成感を感じさせ、悔しさを感じさせ

認め、喜び、褒め、そして、120%ぐらいの目標設定を促す

そんなことが大切なんですね。

それでは、失礼します。

次の記事