バトンタッチ

こんばんは

北風が厳しいですが、この冷たさがたまらない

冬が大好きな米山です。

さ~て 昨日は セミナー日

<チームワークにおける連携>について学んできました。

ハイレベルな連携をしましょう!ってこと

もっと具体的にはお客さんのことを考えバトンタッチをするってこと

具体例でいきましょうか!

とあるテーマパークの駐車場

車が駐車場に入ってきました。職員の方が誘導をしてくれます。

これが見事なバトンタッチです。

車が入ってきて、その一台にずっと付いて誘導するわけにはいきません。

ポイント、ポイントで次の誘導係にバトンタッチをしていかなくてはなりません。

でも、てきとうに<あちらですよ~>腕を回しているだけでしょうか?

そんなことありませんよね。

<今からお客様がそちらに行きますよ。よろしくお願いしますよ~>

という感覚で誘導しているみたいですよ。

すると、自然と行動に現れ、お客様に伝わるんです。 そうだよな~

私達はなんでもできるわけではありません。

常にチームとして、お客様のことを考えバトンを渡して行かなきゃならなんだ~

こんな意識がチームを強くするんでしょうね。

では、まずは御終い、またね~~

前の記事

新たな発見

次の記事

信頼