お客さんは誰ですか!

こんばんは

今朝は寒かったですね。

仕事場もなかなか暖かくならなかったです。

そう、明日は早朝セミナーの講師です。

<せまく>売れ!ということを話してきます。

 唐突に

あなたのお客さんは誰です?

どうです。すぐに出てきます。

なかなか出てこないんじゃありませんか!

ほとんどの方が言葉につまります。

でも、これってとっても重要なことなんです。

言い方はきついんですけど

お客さんを知らないで、商品を並べている訳?

それじゃ、売れないのは当たり前ですよね。

お客さんのこと考えていないんだもん

すべての人がお客さんだよ!なんていったらこれはヤバイです。

いったいどんな商品を置くんでしょうね。

お客さんを絞りこむと、お客さんのことがよくわかります。

たとえば

30代男性:A

30代男性、子供3人、いつも仕事ばかり、休みがない!が子供思い:B

どちらも30代男性ですが、飲食店なら何をかんがえます。

Aだったら、働きざかり大盛り無料ぐらい

Bだったっら、子供一緒の食事が楽しくなるようにかんがえません!

もう、全然、質がちがいますよね 。

そう、だから、お客さんか選んでもらえるんです。

 長くなってきた!

こんな話は明日してきます。

それでは、SEE YOU

前の記事

54対46

次の記事

アドバイザー